おそロシアよりずっと怖い 起きないならお金取るよ! 日本人考案の目覚ましアプリ

© Fotolia / Syda Productions朝に起きた女性
朝に起きた女性 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2021
どんなに爆音でしつこく目覚ましが鳴っていようと、絶対に起きることができないという人も世の中には存在する。そんな人にこれが朗報になればいいのだが、目覚めないとお金を取られるというアプリが誕生した。名付けて「Mezamee(メザミー)」。もちろん(?)考案したのは世界に名高い、時間に正確な日本人だ。

このアプリには最初に自分の位置、つまり起きる時の位置を登録しておく。ちゃんと起きて、家を出たことをアプリに知ってもらうには、ベッドから100メートル離れたところで位置情報を送信しないと、アプリは(えらいっ! ちゃんと起きたね!)と納得してくれない。二度寝することだってあるからだ。ではアプリが納得しないとどうなるか? 最初に登録したクレジットカードから初期登録の際に自分が「払います!」と心に決めて宣言した額が「毎度あり~」と引き落とされる。つまり罰金方式。払いたくなければ必死に起きるでしょう?

アンドロイド - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2021
Google 3月の大規模アンドロイド・アプリ障害  原因を説明
Webアプリなのでインストールの必要はない。予定では後日、iPhone、Android版アプリがリリースされる。起きて100メートル離れなければ覚悟の金額がアプリに課金される。課金額は最初に自分で決める。最低額は100円で上限はない。

人間の性として罰則で痛い思いをしなければ悪癖は治らないというところを見事についたアプリといえる。悪名高いロシアンルーレットより、考えようによっては怖い。目覚ましが鳴っても起きれない我が家の子どもは、引き落とされたお金がどこにいくのかを知りたがっていた、、、。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала