登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「スプートニクV」製造メーカー ブラジル規制当局を提訴へ

© 写真 : Russian Direct Investment Fundロシアの新型コロナワクチン「スプートニクV」
ロシアの新型コロナワクチン「スプートニクV」 - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2021
フォローする
ロシアの新型コロナワクチン「スプートニクV」の製造メーカーはブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)を提訴する。ロシアワクチンのツイッターアカウントで発表された。

発表では、「ブラジルの規制当局ANVISAが、ワクチン『スプートニクV』の試験を実施しなかったことを認めたことを受け、同製薬の製造メーカーは、偽および誤った情報の拡散による名誉毀損でブラジルの同規制当局を正式に提訴する」と強調した。

​4月はじめ、ブラジルの最高裁判所はANVISAに対し月末までにワクチンの輸入を決定する期間を与えたが、そうならない場合には自動的に許可されることとなった。

4月27日、Anvisaはロシア製ワクチン「スプートニクV」の輸入および国内での使用を許可しなかった。これに対し、製薬メーカーは、Anvisaのワクチン輸入拒否は政治的な意図があると表明した。

その間、ブラジルは新型コロナウイルスの感染者数(1450万人)で世界3位となり、1日の新たな感染者数が著しく増加している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала