登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
新型コロナウイルス

研究者が指摘 子どもがコロナに感染した時の主な症状の特徴

© Sputnik / Miguel Сandеla / フォトバンクに移行マスクをつけた子供
マスクをつけた子供 - Sputnik 日本, 1920, 15.05.2021
フォローする
米国で大規模な研究が実施され、その結果、コロナウイルスに感染した多くの子どもには独特な症状が現われ、それは大人の場合とは異なることが判明した。研究結果が雑誌『サイエンティフィック・リポーツ』に掲載された。

バーミンガム市にあるアラバマ大学のパンカイ・アロラ教授が指導する米国の研究者グループは、米国の保健統計システムに登録されたコロナウイルスに感染した子どもの患者1万2306人のデータを分析した。

テスト - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2021
なぜ子どもは新型コロナで重篤な合併症を発症するのか その原因が明らかに
研究者らは、研究対象となった子どもの大半には、高熱や乾いた咳、息切れといった大人に典型的な症状が見られないことを明らかにした。

18.8%の子どもには発熱や体調不良、筋肉や関節の痛み、また、嗅覚や味覚障害が確認された。16.5%では咳や息切れなどの呼吸器に関する症状が認められた。13.9%では吐き気や嘔吐、下痢といった胃腸系の症状が確認された。8.1%では発疹や皮膚の剥離といった皮膚系の症状が見られ、4.8%は頭痛を訴えた。

研究者らは、子どもと未成年者におけるコロナウイルスの経過は特徴的であることや、また、この年齢群では無症状のケースが大多数であることから、コロナウイルスの感染拡大の予防のために学校や他の公共の児童施設での特別なスクリーニング処置の開発が求められると考えている。

以前、アイルランドでは新型コロナウイルスによる死産について報じられている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала