登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

レディー・ガガが凄まじいレイプを衝撃告白 妊娠、そして激痛の精神病

© REUTERS / Toru Hanai レディー・ガガ
レディー・ガガ - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2021
フォローする
有名な米女性歌手のレディー・ガガ(36)が19歳で音楽プロデューサーにレイプされ、妊娠を知った後、PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)に苛まれた事実を告白した。レディー・ガガはヘンリー英国王子とオプラ・ウィンフリー氏の新ドキュメンタリーシリーズ番組「あなたには見えない私(The me you can't see)」の中で告白した。ガーディアン紙が報じた。

レディー・ガガは自分をレイプしたプロデューサーの名前は公開せず、ただ「二度と会いたくない」と語っている。

レディー・ガガの話ではプロデューサーは服を脱げと命じ、拒否すると、「お前の音楽をすべて燃やす」と脅されていた。

レディー・ガガ - Sputnik 日本, 1920, 27.02.2021
誘拐されたレディー・ガガさんの愛犬 無事に保護
「The me you can't see」からの取材にレディー・ガガは、レイプの後、PTSDに苦しみ、精神科医にかかったこと、また病気の症状で体中に激しい痛みを覚えたことを明かしている。

「はじめはすごい痛みを感じて、それから全身が麻痺したわ。それから何週間も病気の状態にあったの。それでわたしが痛みを感じる時の感覚は、レイプした男が妊娠した私を私の両親の住む家の近くに捨てて行ったとき感じた痛みだとわかった。私は精神的に完全にやられていたわ。」レディー・ガガは身体の痛みの原因を探るために何度も診察を受けてきたことを明かした。

レディー・ガガによれば、こうした状態は何年も、2019年にアカデミー賞を受賞した時も続いていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала