登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国はグローバルな制裁政策を見直す?

© REUTERS / Evelyn Hockstein米国はグローバルな制裁政策を見直す?
米国はグローバルな制裁政策を見直す? - Sputnik 日本, 1920, 06.07.2021
フォローする
米バイデン政権は、夏の終わりまでに米国の制裁政策の見直しを完了する方針。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に精通した消息筋の話として報じた。

消息筋によると、バイデン大統領の戦略は、大規模な圧力キャンペーンからの撤退、間接的な経済的損失の回避、同盟国との共同行動を念頭に置いている。

特にバイデン政権は、中国、ロシア、ベラルーシに対する制裁に関して同盟国と協力することを考えているという。

米国務省 - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2021
米国務省の3人に1人が転職活動
WSJは「制裁政策の見直しは、敵に経済的圧力をかけようとして、過去のどの政権よりも頻繁に外交政策手段として制裁を発動したトランプ政権の立場からの強硬的な脱却を示している」と報じており、制裁では「イラン、北朝鮮、ベネズエラ経済のきわめて多様なセクターが狙われた」と指摘している。

またWSJは「同時に、米国の圧力は敵の行動を大きく変えることはなく、これは個別にとった手段としての制裁の価値について疑問を投げかけた」と強調している。

WSJによると、バイデン政権は制裁の使用について、同盟国との協力や外交政策目標を達成するために説得する別の形態の使用を考慮することなどを含む、より広範な外交努力の一部であるべきだと考えている。

WSJは「新戦略の要素は、対イラン経済制裁の計画された緩和を含む一連の行動にあらわれている」と報じている。

またWSJは「トランプ政権の当局者は、バイデン政権は過去4年間に構築された外交的レバレッジを浪費しており、特にこれはイランの核開発計画に関係していると述べている。これらの当局者は、国際的なコンセンサスや同盟国への期待は政治的妥協を必要としており、米国の国家安全保障を損なう恐れがあるとして懸念を表明している」と指摘している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала