登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アリゲーターが飲み込んだのは6000年前の人造物だった 米国

© Sputnik / Maxim Blinovワニ
ワニ - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2021
フォローする
ミシシッピ州でアリゲーターの胃の中から今から4000年から6000年前に作られた古代の道具が発見され、話題を呼んでいる。フォックス・ニュースのサイトが報じている。
稀な発見をしたのは鹿の角の精製会社を営むシャイン・スミス氏。スミス氏はサウス・カロライナ州ではアリゲーターの胃の中から風変りなものが見つかる話は知っていた。スミス氏は仕留めた4メートルもの大型アリゲータをさばき、胃を割いてみると中から古い弓矢や釣り具のおもりが出てきた。スミス氏はアリゲーターが硬いものの消化を助けるために石や骨を飲み込むことを知っていたので、これらのものもそのために飲み込まれたのだろうと考えた。
ワニ - Sputnik 日本, 1920, 18.07.2021
米フロリダ州の男 ワニを虐待し、ビルの屋上に投げ込もうとするところで逮捕
スミス氏は「最初はこんなことFacebookに書くのはよそう。誰も信じるわけない」と思ったという。それでも後日、考えを改めた。発見物はあまりにも興味深く、公表しないでいられるような代物ではなかったからだ。
結果的に石は矢じりの先ではなく、古代、槍を投石器式に飛ばすときに使われていた装置の一部だったことが判明した。おもりの方は推定で今から4000年前の代物とされている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала