登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米仏両大統領 本国召喚の仏大使を米国へ戻すことで合意 バイデン氏 AUKUS締結時の欠陥を認める

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行米バイデン大統領
米バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2021
フォローする
バイデン米大統領とマクロン仏大統領の会談後、米豪英のパートナーシップ締結後に本国に召喚されていた駐米フランス大使が来週ワシントンに戻ることが決められた。CNNの報道によると、バイデン大統領はオーストラリアでの潜水艦建造に関する交渉の欠陥を認めた。
「エマニュエル・マクロン大統領は仏大使を来週、ワシントンに戻すことを決めた。復帰後、大使は米国の高官らと集中した作業を開始する」ホワイトハウスの報道部はこうした声明を表している
バイデン氏は、米国はフランスひいては欧州全体を太平洋地域に引き入れることは戦略的に不可欠だと捉えているとの考えを強調した。
バイデン、マカロン両首脳は共同声明を表したなかで。AUKUS始動の前に連合国内で開示したかたちでの話し合いをまず行うべきであったとの見解で一致した
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала