登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本の電機メーカーら アクリル板越しや遠隔の会話を支援する技術開発進む

© AP Photo / Chiang Ying-yingВелосипедисты в масках у светофора в виде зебры в Тайбэе, Тайвань
Велосипедисты в масках у светофора в виде зебры в Тайбэе, Тайвань - Sputnik 日本, 1920, 16.10.2021
フォローする
日本の電機メーカーの間で、新型コロナ感染対策としてアクリル板越しや遠隔の会話を支援技術の開発が広がっている。NHKが報じた。
京セラは、マイクで集めた音声をリアルタイムで文字に変換し、スクリーンに字幕として表示する技術を開発。反対側から読めるよう文字は反転して映し出され、アクリル板越しの会話を助ける。役所や空港の窓口などでの活用を想定しているという

【ちまたで話題に♪】#京セラ が開発した「#わかりやすい字幕表示システム

ちょっとゲーム画面っぽいっていう噂も😊

続きは19日から開催の #CEATEC 2021 ONLINE会場で・・・(^^)/
​また三菱電機は、タブレット端末に向かって話し、画面をなぞると、その軌跡に話した言葉を文字として表示できるアプリを開発中。外国語に翻訳して表示することや筆談の機能もあり、外国人や聴覚障がい者とも円滑にやり取りが可能になるという。
このほか、シャープもアクリル板越しの会話を聞こえやすいように音声処理する機器を開発するなど、電機メーカーの間でウィズコロナでのコミュニケーションを支援する技術開発が広がっている。
関連ニュース

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала