登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

北九州新体操世界選手権 物議を醸した判定でジーナ・アベリナのリボンは銀

© AFP 2021 / Charly Triballeauジーナ・アベリナ 北九州新体操世界選手権
ジーナ・アベリナ 北九州新体操世界選手権 - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2021
フォローする
北九州で開催の新体操世界選手権に出場のロシアのジーナ・アベリナ選手は、リボン演技で辛くも0.05点差でベラルーシのアリーナ・ゴルノシコ選手(20)に金メダルを譲る結果に終わった。この審査は大きな物議をかもした。
前日27日、ジーナ・アベリナはボール演技で金メダルを獲得した後、同日、フープでも金をとり、話題をさらっていた。ところが翌日の28日はクラブで再び金を取ったにもかかわらず、リボン演技ではわずかな差でベラルーシのゴルノシコ選手に金を譲ってしまった。この結果、本大会のジーナ・アベリナの成績は金3、銀1に終わり、これまでの世界選手権での成績は北九州の金3を加えて、金メダルの数は16個となった。
審査員団は、ジーナとアリーナのアベリナ姉妹のスコアについてのロシア側からのクレームを却下した。リボン演技でジーナ・アベリナは2位、アリーナ・アベリナは3位に入り、アリーナの本大会の総合成績は銀2、銅1となった。
ジーナ・アベリナのリボン演技のスコアに対するクレームは、クレームが出されて、わずか1分後にはすでに却下された。全ロシア新体操連盟のイリーナ・ヴィネル=ウサマノワ会長はこの事態を東京五輪の状況の蒸し返しとなじり、10月28日、国際新体操連盟(FIG)技術委員会のナタリア・クジミナ委員長が審査員団に、ジーナに対して出すスコアを1点下げ、演技の質に対して期待できる評価より低い点数を出すよう強いたと明かした。
関連ニュース
ロシア新体操 16歳のクラマレンコ グランプリシリーズで4冠
北九州の体操世界選手権 ロシアが女子総合で11年ぶりの金
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала