登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

大国の平和の時代が戦争に取って代わられてはならない 米国防総省

© AP Photo / Lauren Victoria Burkeマーク・ミリー米統合参謀本部長
マーク・ミリー米統合参謀本部長 - Sputnik 日本, 1920, 04.11.2021
フォローする
マーク・ミリー米統合参謀本部長はアスペン研究所の安全保障フォーラムで演説した中で、米国の軍部はロシアとのコミュニケーションを拡大する必要があり、大国の平和の時代が戦争に取って代わられてはならないと力説した。
フォーラムで露米の軍部はコンタクトを深める必要があるかとの問いに、ミリー参謀本部長は、「この問いへの簡潔な答えは『イエス』だ」と答えている。
ミリー氏は「米国は同盟国やパートナーだけでなく、敵対国や敵にも語りかけねばならない」と指摘した。
ミリー氏は「今は大国主義の平和の時代にあるが、最後に目にすることになるのは、大国間の戦争だ」と語った。
これに先立ち、露米は両国の首脳会談の実施で合意していたことが明らかになっている。
関連ニュース
極超音速ミサイル実験が世界を新たな軍拡競争へ追いやる
米海軍、極超音速兵器のブースターロケット実験に成功
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала