登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

IAEA専門家が日本に到着 福島第一原発の処理水放出に向けた準備を評価へ

© AFP 2021 / Philip Fong福島第一
福島第一 - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2021
フォローする
15日、国際原子力機関(IAEA)の専門家たちが日本に到着した。福島第一原子力発電所で増え続ける処理水の海洋放出に向けた準備作業を評価する。AP通信が報じた。
専門家らは、日本の当局者と会い、原子力発電所を訪問し、処理水放出計画の技術的詳細について話し合うとみられている。
福島第一原発 - Sputnik 日本, 1920, 11.11.2021
福島原発 水産物への影響IAEA調査 仏独韓の3国も参加
現在、福島第一原発の汚染水は専用タンクに貯蔵され、浄化処理されているが、放射性物質トリチウムが含まれている。日本政府は、国際基準に従ってトリチウム濃度を下げ、2年後に海洋放出を開始する方針。
日本の政府委員会は2020年、福島第一原発の処理水について、海洋放出を推奨した。一方、これは幅広い不満を呼び、特に漁業関係者は、消費者から周辺でとれた水産物を避けられてしまうのではないかと危惧した。
関連ニュース
津波から身を守る=史上最大規模の津波とその被害
福島第一原発  汚染水漏れ対策用の「凍土壁」が温度上昇
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала