登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアが宇宙実験で撃墜のソ連人工衛星 デブリの個数がカウント

宇宙ゴミ - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
フォローする
カリフォルニア州の専門家らは、ロシアの宇宙実験後の11月18日時点で地球軌道上に新たに288個のデブリを確認した。地球軌道上のデブリの衝突防止のため、その動きを追跡するレオラボズ社が発表した。
レオラボズ社によると、いくつかのデブリは、地球に最も近い軌道点(近地点)が420キロ以下で、その軌道は国際宇宙ステーション(ISS)の軌道と交差している。
レオラボズ社のダニエル・セパレイCEO氏はフィナンシャルタイムズからの取材に対し、デブリがまさに大半の衛星が使用する高度に現れており、「新しい宇宙開発競争」が展開されている真ん中で爆弾が爆発するようなものだと例えている。セパレイ氏は、衛星デブリがスペースX社、地図製作会社Planet社などが打ち上げた数百基もの商業衛星に影響を与える恐れがあり。宇宙空間にある物体は猛スピードで動いており、万が一衝突した場合、小さな破片が甚大な被害をもたらす恐れがあると指摘している。
ロシア国防省は、11月16日に宇宙で実験を行い、1982年から軌道上にあり、現在、作動していないソ連の衛星を撃ち落とすことに成功したと発表した。また、衛星の破片については宇宙管制システムに登録されており、その行方は破片が崩壊するまで監視されることを明らかにしている。
この実験は、米国韓国をはじめとする数か国からの批判を招いた。
関連ニュース
国際宇宙ステーションに中国の宇宙ゴミが衝突するおそれ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала