登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

米国 人の考えを音声化するARヘッドセットが開発

© 写真 : Cognixion ARヘッドセットCognixion One
ARヘッドセットCognixion One - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2021
フォローする
カリフォルニアのスタートアップ「Cognixion」が人の思考を音声化するブレインコンピューターインタフェース内蔵のARヘッドセットを開発した。ヘッドセットはコミュニケーション手段の断たれた重度の障碍者にとっては周囲の人々と意思の疎通ができる夢のツールとなる。
開発の中心は重度障害者用意思伝達装置のCognixion One。これはARヘッドセットとブレイン・マシン・インタフェースで構成されている。
ヘッドセットが視覚信号を分析し、同時にニューラルインタフェースは神経信号を読み取って解釈し、ヘッドセットに送り返す。開発者によると、ヘッドセットは状況を「読みとって」、必要に応じて音声をミュートし、コミュニケーション手段をスクリーン上のテキストに切り替えたりすることができる。
また、Cognixion Oneと並行し、より効果的なコミュニケーションの実現のために、各人のコミュニケーションスタイルに合わせた、機械学習による言語システムの開発も進められている。
Cognixion Oneは、Wi-FiまたはUSBケーブルでパソコンやスマートフォンに接続でき、4G接続により自律的な動作ができる。身体や神経に障害を持つ人々はこのデバイスで周囲とコミュニケーションをとることができる。
Cognixionはすでに1200万ドルの投資を受けており、デバイスはテスト段階にある。
関連ニュース
AppleがAR(拡張現実)ヘッドセットを開発 発売日が決定
マイクロソフトが米軍にMRヘッドセットを供給へ 220億ドルの契約
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала