ロシアと中国、米国主導の「民主主義サミット」を非難

© AP Photo / Wong Maye-Eロシアのアントーノフ駐米大使
ロシアのアントーノフ駐米大使 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
ロシアと中国は、米国の主導で12月に開催される国際的な「民主主義サミット」について、現代世界の発展に逆行するイデオロギーの対立を引き起こすとして強く非難している。米誌ナショナル・インタレストに掲載されたロシアと中国の駐米大使による共同記事の中で述べられた。
記事には次のように述べられている。

この冷戦思考型の明らかな産物は、世界にイデオロギーの対立と分裂を引き起こし、新たな「境界線」を生み出す。この傾向は、現代世界の発展と矛盾している。国際的で多中心的な構造の形成を防ぐことは不可能だが、客観的プロセスを複雑にする可能性がある。中国とロシアはこの動きを断固として拒否している。

また、駐米ロシア大使および駐米中国大使は、他国に対し「他国を軽蔑的に批判するのではなく、自国の国内事情を上手く対処することに集中するように」と呼びかけた。
岸田文雄首相 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
岸田首相、米主導の「民主主義サミット」に参加予定
さらに、駐米ロシア大使および駐米中国大使は、次のように指摘した。

ロシアと中国の民主主義を心配する必要はない。一部の外国政府は、自国で何が起こっているかについて考えたほうが良い。自国でのさまざまな政治集会がゴム弾や催涙ガスによって追い散らされるというのは自由だろうか?自由のようには見えない。

ジョー・バイデン米大統領の主導による「民主主義サミット」は12月9日から10日にかけてオンライン形式で開催される。バイデン氏は日本のほか欧州各国、台湾など約110の国や地域を招待した一方、ロシアや中国は参加リストに含まれていない。
関連ニュース
中国外務省 中国企業12社への規制をめぐり米国に抗議
中国が協力条件の改善と引き換えに石油で米国を支援-メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала