登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

手のひらで糖尿病の発症に気づく方法

© 写真 : Pixabay / Beejees
手 - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
フォローする
糖尿病の兆候は、手のひらの外的変化によって特定することが可能。ロシアの内分泌学者のエレーナ・スュラシキナ氏が語った。
スュラシキナ氏によると、血糖値が危険なレベルになると手の皮膚が厚くなり、手の屈曲機能が損なわれる。
手根管症候群は、糖尿病患者の30%にみられる可能性があるという。
また、手のしびれも兆候の1つとされる。糖尿病患者は、指がまっすぐになるように手のひらを完全に伸ばすことができないことがよくあるという。
手根管症候群の症状は、小指から親指までの領域に現れる。最初にしびれまたは刺すような痛みが感じられ、次にこわばりが起こる。
こぶしを握ったときに指同士がくっついていない場合は、血液の供給状態が悪化し、神経インパルスの伝導に変化が生じたことを示している可能性があるという。
先に、スウェーデンの学者たちは、糖尿病を発症の19年前に予測する方法を明らかにした。
関連ニュース
糖尿病リスクを抑える食品とは カナダとイラン共同研究
学者ら、何年も寿命を延ばす簡単なダイエットを明らかに
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала