Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新たな変異株が「オミクロン」と命名された理由が明らかに

© Sputnik / Alexey Maishev / フォトバンクに移行新たな変異株が「オミクロン」と命名された理由が明らかに
新たな変異株が「オミクロン」と命名された理由が明らかに - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
ニューヨーク・ポストは、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、世界保健機関(WHO)がギリシャ文字を2文字飛ばして命名した理由について説明した。
ニューヨーク・ポストによると、順番では、直近のミュー株の後に、「ニュー」(英語表記nu)「クサイ」(xi)と続くはずだったが、WHOは、特定の問題に直面するリスクがあるとして、この2文字を飛ばすことを決めた。英国のジャーナリスト、ポール・ヌキ氏によると、「ニュー」は英単語の「new」と混同しやすく、「クサイ」は「地域のスティグマ」を避けるために飛ばされたという。これは、中国の習近平国家主席の「習」の英語表記が「xi」であることと関係している可能性があるとみられている。
WHO、新たな変異株を「懸念される変異株」に指定 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
新型コロナウイルス
WHO、新たな変異株を「懸念される変異株」に指定
米国のテッド・クルーズ上院議員も同じような見解を示し、WHOのこのようなアプローチを批判した。クルーズ氏はツイッターに「WHOが中国共産党をこれほど恐れているならば、中国共産党が次に壊滅的な世界的大流行を隠そうとするとき、WHOが彼らに責任を求めるということをどうやって信じることができるというのか?」と投稿した。
ニューヨーク・ポストは、WHOのマーガレット・ハリス報道官の説明を含むコメントも引用した。ハリス氏によると、「ニュー」は実際に英単語の「new」と発音が似ているため避けたが、「クサイ」は一般的な人名であり、混乱が生じる可能性があるため飛ばされたという。
関連ニュース
米国は、中国でのコロナウイルス研究に資金提供していた=マスコミ
在米中国大使館 新型コロナの起源に関する報告書には科学的な説得力がないと指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала