登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オミクロン株が生ワクチンを作り出した? ウイルス学者が楽観的な意見を紹介

© Sputnik / Iliya Pitalev / フォトバンクに移行医者
医者 - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2021
フォローする
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が、生ワクチンを作ったのではないか。ロシアのウイルス学者のピョートル・チュマコフ氏が、ロシアメディア「Ura.ru」でこのように語っている。
チュマコフ氏はロシア科学アカデミーの準会員で、エンゲルハルト分子生物学研究所の細胞増殖研究室長。同氏は、「もしかしたら自然界が新型コロナウイルスの生ワクチンを作ったのではないか、という楽観的な見方がある。つまり、このウイルス株に感染して回復した人は、病原性のある他の変異株に対して耐性をもつようになるのだ」と語っている。
同氏は、オミクロン株の出現によって、人類はロックダウンを実施せずにすむかもしれないとの期待を寄せている。
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2021
新型コロナウイルス
オミクロンが世界を救う? ロシア人ウイルス学者が語る、オミクロンにパンデミックを終焉させる可能性 
その一方でチュマコフ氏は、オミクロン株が他の変異株を駆逐するかどうかは、まだはっきり分かっていないと指摘している。
研究者らは11月20日、ボツワナと南アフリカで新型コロナウイルスが細胞に侵入する際に必要なスパイクタンパク質に32個の変異があるウイルス株「B.1.1.529」が出現したと発表した。研究者らによると、スパイクタンパク質のゲノムにみられる多くの変異は、この株は高い感染力を持ち、実効再生数(1人の感染者が平均して何人に感染させるかを表す指標)が大きくなる可能性や、回復者やワクチン接種者が保持している抗体に対して抵抗力があることを示しているが、これらの点に関して最終的な結論を出すにはまだ早いという。
関連ニュース
世界人口の44%がコロナ・ワクチン接種済 欧州委員会ライエン委員長
NY市 全ての民間企業の従業員にワクチン接種義務を発表
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала