Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オミクロンが世界を救う? ロシア人ウイルス学者が語る、オミクロンにパンデミックを終焉させる可能性 

© REUTERSオミクロン
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2021
ウイルス学者でコロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」を開発したロシアのガマレヤセンターのアナトリー・アルトシュテイン教授はコロナウイルス「オミクロン」の新株は、その致死率の低さから「役に立つ」可能性があるという見解を示した。
アルトシュテイン教授によると、オミクロン株が重症化を招くという報告はまだ入っていないものの、その高い感染力については疑いの余地がない。
アルトシュテイン教授は「これ(オミクロン株)は人に感染するものの、軽症で済む。その結果、この先、コロナウイルスの脅威はなくなる」と考えている。
Omicron - Sputnik 日本, 1920, 06.12.2021
新型コロナウイルス
WHOが解説 新型コロナ「オミクロン株」の感染をどう捉えるか
また、アルトシュテイン氏は、オミクロンがデルタよりも軽い症状で済む可能性は否定していないものの、他の株に対して免疫ができるかについてはまだわからないとしている。
関連ニュース
NY市 全ての民間企業の従業員にワクチン接種義務を発表
チューインガムのコロナ薬 米国で開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала