登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

ランニングが脳の活動に好影響 筑波大学が実証

© AP Photo / Francois Moriランニングが脳の活動に好影響 筑波大学が実証
ランニングが脳の活動に好影響 筑波大学が実証 - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
フォローする
筑波大学は、中強度のランニングを10分間行うことで感情のコントロールや実行機能をつかさどる脳の部分の血行が良くなること発見した。研究結果は学術誌「サイエンティフィック・レポーツ」に掲載されている。
筑波大学は、運動をする際にはバランスと動きを極めて正確に調整することが要求され、脳の前頭前皮質の領域に血液が流れ込むことから、ランニングは前頭前皮質の全体的な神経活動を活発化させるという仮説を立て、この関連性を検証するために文字と色を使ったストループ課題を利用した。
ストループ課題では、色を表す単語が実際の色とは一致していないために起きる混乱を克服して回答しなければならない。回答者の反応の遅れを引き起こされるため、脳内で起こる変化を評価することができる。
Кока-кола - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
IT・科学
脳を11歳も老化させる食品とは
実験では10分のランニングを行った後には、課題処理にかかる時間が大幅に短縮していることがわかった他、被験者らの数人に気分の高揚も観察された。
関連ニュース
米ボストン大研究 頻繁に頭に衝撃を受けると脳に異常
アルツハイマー病の予防におけるコーヒーの利点
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала