登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナ感染後の免疫は性別と年齢に依存=ロシア研究者

© REUTERS / NIH / NIAID新型コロナウイルス
新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2021
フォローする
ロシアの研究者らは、軽度の新型コロナウイルス感染症では抗体生産の動きは性別と年齢に依存することを発見した。「ヘリックス」研究サービスおよびキーロフ記念軍事医学アカデミーの研究結果をもとに「コメルサント」紙が伝えている。
専門家グループは1年にわたり、重症度の異なる新型コロナ感染症患者の特異抗体(IgG)の変化を観察した。観察対象となったのは男女18歳から70歳までの計1421人。
サメ - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2021
新型コロナウイルス
サメの体内にヒトをコロナから守る物質 米国研究者らが発見
研究者グループは、女性は発症後180日目までに抗体濃度が増加し、男性、特に若年層には逆に90日目から免疫グロブリンが減少する傾向が見られた。中等度および重度の症状を経験した者には抗体生産に性別は影響していないが、年齢別では、高齢者は若年層に比べて抗体濃度が高いことがわかった。
さらに専門家グループは、テストステロンが抗体生産を抑制するとの結論を導いた。インフルエンザの予防接種でも、男性、特にテストステロン値が高い場合は、抗体数が少なくなることが確認された。最も数値が低かったのは若年男性だった。
研究データによると、重度の経過、体重過多、肺損傷度が高い場合はより抗体生産が高くなることがわかった。またホルモン性抗炎症治療もこのプロセスを促進するという。
関連ニュース
新型コロナワクチン 感染症専門医が頻繁な追加接種の影響について語る
母乳に新型コロナウイルスに対する抗体 米国の研究者らが証明
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала