登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

韓国で航空機の検査でドローンの使用を開始

© AP Photo / Ted S. WarrenСамолет Boeing 737 MAX 8 авиакомпании Air Canada
Самолет Boeing 737 MAX 8 авиакомпании Air Canada - Sputnik 日本, 1920, 20.12.2021
フォローする
コリアンエアー社の専門家らが離陸前に航空機を検査するドローンを開発した。同機により空港職員は危険な作業を行わずに済むようになる。サイト「Digital Trends」が報じた。
韓国のエンジニアが開発したドローンは、長さ1メートル、重量5.5キロのクワッドコプター。同機は、特殊ソフトで作動し、オペレーターが指定した航空機の特定部分の画像を収集する。
離陸前の検査に4機のドローンを使用することで、エンジニアチームは10時間かかる検査時間を4時間に短縮することができることが実験で示された。コリアンエアー社は、「以前、メンテナンススタッフは高さ20メートルの機体の外観検査を行わなければならなかったが、ドローンによる検査で作業とフライトの安全性が向上した」と強調する。ドローンの検査によって得られたデータはクラウドに送信されるため、いつでもどこでも情報にアクセスできる。
通信社「スプートニク」は以前、ドローンの作業ではエラーが発生するおそれがあると報じている。米国バージニア州で地元刑務所に麻薬を配送しようとしたドローンで誤作動が発生し、学校の校庭に密輸品を落下させた。
関連ニュース
4つのジェットエンジン搭載のドローンが登場
生命の痕跡を求め土星の衛星タイタンにドローン発進へ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала