EU、原子力と天然ガスに「グリーン」ステータスを付与する方針

© Sputnik / Alexey KudenkoПуск в эксплуатацию второй ветки газопровода "Северный поток"
Пуск в эксплуатацию второй ветки газопровода Северный поток - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2022
欧州連合(EU)は、天然ガスだけでなく、原子力にも「グリーン」ステータスを付与したい考え。フィナンシャル・タイムズが、入手した文書案を引用して報じた。
フィナンシャル・タイムズは、「欧州委員会は、新たな原子力発電所へは少なくとも今後20年間、天然ガスへは少なくとも今後10年間は投資するための道を切り開いた」と報じている。これはEU内での分類に関することだという。
フィナンシャル・タイムズによると、文書案には「グリーン」ステータスは特定の条件下で原子力や天然ガスなどの「議論の余地がある」エネルギー源に付与する必要があると記されている。
これは、フランスを中心とした原子力を推進するグループとガスを推進する複数の政府が、これらの国の「電力生産の大部分を保障しているエネルギー源を処罰しない」ことを求めたことを受けて決定されたという。
EUは、「環境的に持続可能」とされている経済活動のリストを作成している。これは、所謂「グリーンディール」の一環として作成され、その実現は、その環境への悪影響を軽減することでEUを変えることを目的としている。また「気候中立」への移行も「ディール」の一部となった。
関連ニュース
英国 気候変動の取り組みのために原子力エネルギー拡大へ テレグラフ紙
フランスが地球救済のため原子炉を建設
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала