Горящая полицейская машина во время акции протеста против повышения стоимости газа в Алматы - Sputnik 日本, 1920
カザフスタンでの大規模な抗議活動
2022年1月初め、カザフスタンの住民は、液化天然ガスの価格が2倍に跳ね上がったことに抗議を開始した。抗議デモは国内の各都市に広がり、大規模な騒乱に発展した。

カザフスタンで非常事態宣言発令 燃料価格高騰に対するデモがエスカレート

© Sputnik / Timur Batyrshinカザフスタン、警察
カザフスタン、警察 - Sputnik 日本, 1920, 05.01.2022
カザフスタンのカシムジョマルト・トカエフ大統領は4日、燃料価格高騰に対するデモが大規模化したことを受け、西部のマンギスタウ州と南東部にある同国最大のアルマトイ市に非常事態宣言を発令した。
年明け以降、カザフスタン西部の産油地域であるマンギスタウ州ジャナオゼンやアクタウの住民が2倍におよぶ燃料価格の上昇に抗議するため集結。アルマトイの中央広場には約1000人が集まった。デモは治安部隊との衝突にエスカレートした。警察がガスを用いたため、中央広場は呼吸困難になるような強い煙で覆われたという。
状況の悪化を受け、トカエフ大統領は「公共の安全の確保や法と秩序の回復、市民の権利と自由を保護するため、マンギスタウ州とアルマトイ市は2022年1月5日1時30分から1月19日の0時までの期間、非常事態宣言を導入する」との法令に署名した。23時から翌7時までの夜間外出禁止令も発令された。
非常事態宣言下では、大規模なイベントやストライキの禁止、武器、弾薬、アルコールの販売が禁止され、武器や弾薬が没収される。また、アルマトイへの出入りが制限され、書類の確認、人や車の検査が規定される。
同国のエネルギー省は、1月1日から、ガス価格は需要と供給に基づき電子取引所で決定されると説明した。トカエフ大統領は、状況の検討に向け政府委員会を設立するように指示した。
関連ニュース
カザフスタン 死刑を完全廃止
カザフスタンの独立から30周年、バイデン大統領が関係強化を表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала