バイデン大統領の支持率、過去最低の44%に

© REUTERS / Elizabeth Frantzバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 05.01.2022
米テレビ局CNBCが12月に実施した世論調査では、ジョー・バイデン米大統領の支持率が44%まで低下し、過去最低となった。
調査は12月17日から20日にかけて、18歳以上の有権者1,895人を対象に電話で行われた。調査では、回答者の56%がバイデン大統領の仕事ぶりについて、評価しないと答えた。
今回の調査には、ほぼ同数の民主党支持者、共和党支持者が参加したと明記されている。
2021年9月に行われた世論調査では、バイデン氏を支持しないと答えた人の割合は54%、支持すると答えた人は46%で、今回の不支持率はこのときの最低記録をさらに更新する形となった。
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 05.01.2022
新型コロナウイルス
米国、オミクロン株により感染者はさらに増加=バイデン大統領 新規感染者100万人超
12月の世論調査で大統領を支持しないと答えた人がその理由に挙げているのは国内の経済状況で(回答者の73%が現在の経済状況を不満だとしている)、中でもインフレが大きな理由の一つとなっている。このほか、過半数の回答者(55%)がバイデン政権の新型コロナ対策を不満に感じていると回答。2021年の新型コロナをめぐる状況については、38%の回答者が2020年よりも悪化したと考えており、32%がやや改善された、30%が変わらないと考えていることが分かった。
一方、「米国は正しい方向に進んでいるか」との問いには、70%が「そう思わない」と答えた。
関連ニュース
露大統領府、露米首脳電話会談についてコメント
米国 バイデン大統領に中傷スローガンの軍人「あれは冗談だった」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала