バイデン大統領 素晴らしい2020年を国民に約束

© REUTERS / Elizabeth Frantz米国のジョー・バイデン大統領
米国のジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 06.01.2022
米国のジョー・バイデン大統領は国民に向けた演説の中で2020年は間近だと言い間違えた。
ホワイトハウスの長はスピーチの中で、新型コロナの新しい変異種「オミクロン株」の蔓延と闘うための政府の措置について語った。
同大統領は、「2020年が良い年になると期待させる理由はたくさんあるが、後生だから、私たちが持つ可能性を軽んじないでもらいたい」と語った。このスピーチの映像は大統領のツイッターの公式アカウントに公開された。
この言い間違えはネットユーザーの間で大きな話題となった。多くのコメンテーターにとって2020年は暗い状況を連想させ、コロナウイルスのパンデミックが始まった1年前に「戻る」ことを歓迎しなかった。
ジョー・バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2021
バイデン大統領の仕事ぶりに55%が不満=世論調査
あるユーザーは、「大統領は今年が何年か分からないのか。見るに忍びない」とコメントした。
別のユーザーは、同大統領の名言「米国は戻った」をからかい、「米国は戻った...2020年に」と投稿した。
バイデン大統領はしばしば無意識に言い間違えをし、そのため自身を「失言マシン」だとさえ思っている。たとえば、同大統領はカマラ・ハリス副大統領を大統領と呼び、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の名前を言い間違え、「ワクチン接種(vaccination)」を「エスカレーション(escalation)」と言ってしまい、さらにシリアとリビア、イラクとイランを混同するなどしている。
関連ニュース
バイデン大統領の支持率、過去最低の44%に
米国 バイデン大統領に中傷スローガンの軍人「あれは冗談だった
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала