英国防参謀総長、ロシアへの対抗として極超音速ミサイルの開発計画を発表

© Sputnik / Vladimir Pesnyaイギリスの首都ロンドン市
イギリスの首都ロンドン市 - Sputnik 日本, 1920, 08.01.2022
英国のトニー・ラダキン国防参謀総長は、英国が兵器開発の分野においてロシアと競争力を持つために、極超音速ミサイルの開発を計画していることを明らかにした。
ラダキン参謀総長は、英紙「タイムズ」からのインタビューに答えた中で、我が国はまだ極超音速ミサイルを保有していないが、今後、保有することになる」と述べた。
「タイムズ」の記事によれば、ラダキン参謀総長は、この計画は増強するロシアの軍事力に対抗することを目的としたものだと述べた。またラダキン参謀総長は、この20年の間に、ロシアの潜水艦の活動が「劇的に増大している」とも指摘した。
NATOとロシアの旗 - Sputnik 日本, 1920, 04.01.2022
NATOとロシア 1月12日に協議を実施へ
これに関連し、ラダキン氏は、ロシアは海底ケーブルに対する脅威を生み出す可能性を拡大しつつあるとして懸念を表した。
さらに参謀総長は、英国防省はウクライナ情勢についても言及し、「深い懸念を呼び起こすものだ」とした。また記事によれば、ラダキン参謀総長は、政府に対し、情勢が急変した場合の軍事行動について指示したことを明らかにした。しかし、行動の詳細については公表しなかった。
関連ニュース
ロシア、ウクライナのNATO加盟遅らせる=駐独ウクライナ大使
2022年に武力紛争勃発のおそれがある地域が発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала