登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

コーヒー飲みすぎ、脳の縮小や認知症の恐れ

コーヒー - Sputnik 日本, 1920, 15.01.2022
フォローする
アルコールや甘い飲料、コーヒーの乱用は脳の損傷や認知機能の低下を招く。米国の食事療法研究者の話をもとにニュースサイト「Eat This, Not That!」が伝えている。
専門家はコーヒーを飲む量を制限する重要性を唱えている。少量のカフェインは認知機能にプラスの影響を与えるが、過度の摂取は全く逆効果となり、1日に6杯以上飲用すると、脳の収縮を招き、認知症を加速させる可能性があるという。
コーヒー - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2021
IT・科学
コーヒーが視覚機能を向上
また専門家は、多量のアルコールはニューロンを破壊し、定期的なアルコール摂取は脳を損傷する可能性があると指摘する。同じ効果をもたらすのが甘い飲料だ。またチョコレートや紅茶の摂取にも同じく注意すべきだと警告している。
スプートニク通信ではこれより前、砂糖を過度に接種すると老化の速度が速まることを取り上げた
関連ニュース
コーヒーの血圧降下作用を高めるには 日本人栄養士
ロシアの栄養士が語る 高齢者に害をもたらす食品とは
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала