ロシアは世界の兵器市場から米国を追い出した=メディア

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation / フォトバンクに移行ロシア製ミサイルシステムS-400
ロシア製ミサイルシステムS-400 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
英紙Rai Al Youmは、ロシアの軍産複合体は軍用機販売で米国を凌駕し、米国防総省が兵器市場で指導的な地位に立つ時代を終わらせたと報じている。
同紙によると、兵器市場で米国がロシアや中国、イランに遅れを取った主な原因は、米国の第5世代戦闘機が技術的欠陥により指導的地位を維持できないことや、すべてではないにしても敵の大多数の種類の戦闘機を迎撃できるS-400及びS-500対空ミサイルシステム開発におけるロシアの飛躍的な進歩だという。
Rai Al Youmは、「最新の軍事研究によると、米国が『F』クラスの新世代戦闘機を開発するには少なくとも20年かかる」と報じている。
一方、ロシアがその保有するミサイル兵器を近代化するために要する期間はわずか数年であり、資金も数百億ドルですむという。
関連ニュース
「難攻不落の要塞」=地球でもっとも厳重に警備されている軍事施設
キューバ危機は繰り返されるのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала