トンガ 再び大規模噴火

© 写真 : NASA/International Space StationКосмический снимок острова Ниуафооу
Космический снимок острова Ниуафооу  - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
南太平洋のトンガ王国で日本時間17日午前7時10分に再び「大規模な噴火」が観測された。オーストラリア・ダーウィンの航空路火山灰情報センター(VAAC)が発表した。AFPが伝えた。
報道によると、太平洋津波警報センター(PTWC)が大波を観測し、ンガの火山が再び噴火した可能性があると明らかにした。津波の恐れはないという。
15日、南太平洋トンガの首都ヌクアロファから北に65キロの海底火山で大規模な噴火が発生。一夜明けても現地の被害状況は依然として不明。各国メディアは、トンガのほとんどの地域で電話やインターネットがつながらない状態が続いていると伝えている。
Tsunami (imagen referencial) - Sputnik 日本, 1920, 16.01.2022
高知で漁船10隻転覆 トンガ噴火で津波 
トンガ王国は約170の島からなる南太平洋の島国で、人口10万人余り。主な産業は農業や漁業で、国の財政は豪、日本、ニュージーランドからの援助に大きく依存している。気候変動の影響も深刻で、海面上昇による低い土地の浸水などが懸念されている。
関連ニュース
トンガの大規模噴火、現地被害不明 通信遮断 日本の津波注意報は解除
スペインの火山が噴火の記録を更新:沈静時期は予想困難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала