Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ロシアの生物学者 オミクロン株は最初の株と比べて50以上の変異

© REUTERS / Dado RuvicПоложительный тест на коронавирус
Положительный тест на коронавирус - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2022
新型コロナウイルスの「オミクロン株」は、最初のウイルス株と比べて50以上の変異を有している。ロシアのシンクタンク「戦略研究センター(CSR)」の顧問で、エフゲニー・トネヴィツキー準博士(生物科学)が、スプートニクにこのように語った。
トネヴィツキー氏によると、新型コロナウイルスの外側は「スパイクタンパク質(Sタンパク質)」で覆われており、これが細胞に侵入する際に役立っている。しかし、その前にSタンパク質が抗体と結合すると、Sタンパク質は活性を失い、ウイルスは細胞内に侵入できなくなる。
新型コロナ - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
新型コロナウイルス
専門家が比較 新型コロナに対する自然免疫と人工免疫
同氏は、「『オミクロン株』には最初の株と比べて50以上の変異があり、そのうちの30以上はSタンパク質で起きている。変異が起きている箇所の中には、細胞への侵入速度と侵入の効率性を高めるものあれば、Sタンパク質を抗体から『隠す』ものもある」と説明している。
また、オミクロン株の潜伏期間は従来のウイルス株と比べて3日間と短くなり、肺への「下降」を止め、上気道を好んで攻撃するという。
関連ニュース
世界の新規感染者377万7104 過去最多 WHO
「軽症」オミクロン株 気を緩めないで=疫学者
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала