ロシア代表 裁判所にマレーシア航空17便に関するオランダのクレームを却下するよう要請

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行マレーシア航空17便
マレーシア航空17便 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
欧州人権裁判所のロシア代表は裁判所に対し、マレーシア航空17便および一連の他の状況に関するオランダおよびウクライナのクレームを全面的に却下するよう求めた。
26日、ストラスブールの欧州人権裁判所は、2014年のドンバスでのマレーシア航空17便墜落事件に関するロシアへのオランダとウクライナのクレームについて検討を行っている。
2014年7月17日、アムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空17便(ボーイング機)がドンバス上空で撃墜された。機内の乗客298人全員が犠牲となった。乗客の3分の2はオランダ人だった。ウクライナ政府は航空機墜落で直ちに民兵組織を非難したが、彼らはこのような高度で航空機を撃墜する手段を持っていなかったと表明した。
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
ウクライナ情勢 「G7の枠組み等をしっかり重視しながら、適切に対応していく」=岸田首相
国際合同捜査チーム(JIT)の調査結果によると、同便はロシア軍第53対空旅団が所有するBUKミサイルシステムから発射されたミサイルの攻撃を受けたとされる。捜査官によると、同機器はロシアからドンバスの民兵組織に供給された。
関連ニュース
バイデン氏、プーチン氏個人へ制裁を科す可能性もある ロシアがウクライナに侵攻した場合
安全保障に関する返答の代わりに、ロシアは米国から虚偽の批判を受けた:露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала