ウクライナ情勢 「G7の枠組み等をしっかり重視しながら、適切に対応していく」=岸田首相

岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
日本の岸田首相は26日の衆院予算委員会で、ウクライナ情勢について「ウクライナ国境周辺地域におけるロシア軍の増強の動き等を重大な懸念をもって注視している。G7(主要7カ国)の枠組み等をしっかり重視しながら、適切に対応していく」との考えを示した。
岸田氏は衆院予算委員会で立憲民主党の江田憲司氏に答弁し、「ウクライナ国境周辺地域におけるロシア軍の増強の動き等を重大な懸念をもって注視している。G7の枠組み等をしっかり重視しながら、国際社会と連携してウクライナの今後の動きにおいて、日本としても適切に対応していかなければならないと考えている」と述べた。
また、21日に行われた米国のバイデン大統領と首脳テレビ会談で、日米両首脳は、ウクライナ情勢について、引き続き日米で連携していくことで一致し、岸田氏は、いかなる攻撃に対しても強い行動をとることについて、米国、他の友好国・パートナー及び国際社会と緊密に調整を続けていくことを約束した。
ウクライナ外務省  - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
有事の際にNATO軍からの撤退を指示したクロアチア大統領、反ウクライナ主義者のリストに登録
岸田氏は、この「強い行動」に関する質問に対し、「日本側として、仮にロシアによるウクライナ侵攻が起きた場合には、どのような強い行動が『あり得るか』という点について、米国とも緊密に調整し、検討していくことを確認した」と説明し、「強い行動」とは具体的にどういうことかということについては「今後の状況、そして各国の動き等もしっかり考えた上で、具体的なものを考えていかなければならない」と述べた。
関連ニュース
ウクライナに直接部隊を展開する予定はない=米大統領
日本政府 ウクライナ在留邦人への国外退避を検討開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала