ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

英軍、ウクライナ情勢の悪化を受けて東欧への追加派兵を検討

© AFP 2022 / Wakil Kohsar Британские солдаты, архивное фото
Британские солдаты, архивное фото - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
英国はウクライナ情勢の悪化を受け、東欧への追加派兵に関する可能性を検討している。英紙テレグラフが消息筋の証言をもとに報じた。
報道によると、英国は北大西洋条約機構(NATO)の北東方面に部隊を追加派兵する可能性を検討しているという。ただし、最終的な決定はまだ下されていないとのこと。
また、BBCによると、英国のベン・ウォーレス国防相はモスクワを訪問し、セルゲイ・ショイグ国防相との交渉に臨むという。先にウォーレス国防相はドイツのベルリンでクリスティーネ・ランブレヒト国防相と会談し、緊迫するウクライナ情勢について意見を交わしていた。
米国務省 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国がウクライナに追加の軍事支援を実施へ、大使館の機能も継続
最近、欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
有事の際にNATO軍からの撤退を指示したクロアチア大統領、反ウクライナ主義者のリストに登録
ウクライナに直接部隊を展開する予定はない=米大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала