米国のロシアに対する新たな制裁導入は両国関係を断ち切ることに等しい ラブロフ外相

© Sputnik / Press-service of Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / フォトバンクに移行ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
ロシアへの米国の制裁による脅しとその導入の可能性は両国関係の断絶することに等しく、米国政府はそのことを理解している-セルゲイ・ラブロフ外相。
同外相は、「制裁導入の脅しに関しては、大統領間の交渉を含めて、米国はそのパッケージ(制裁の)は<略>、そうですね、西側が管理する金融・経済システムの完全なシャットダウンを伴うと述べたが、そのことは両国関係の断絶に等しいといえる」と語った。
ラブロフ外相は、「それが誰かの利益になるとは思えない」と強調した。
また、ラジオ局のインタビューである記者が、この間、米国からロシア指導部やロシア外相に「さえ」、制裁を加える用意があると頻繁に脅し文句が述べられていると指摘したのに対し、ラブロフ外相は、「外相『さえ』とは? 私は対象にふさわしくないのでしょうか?」と笑いながら応じた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала