ラブロフ外相 ロシアは米国と良好な関係を望んでいる

© Sputnik / Press-service of Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / フォトバンクに移行Министр иностранных дел РФ Сергей Лавров
Министр иностранных дел РФ Сергей Лавров  - Sputnik 日本, 1920, 30.01.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は30日、米国とは良好で円滑に、相互に尊重しあう、対等な関係を望んでいると述べた。
ラブロフ外相は、「米国とは世界のどの国と同じように良好で円滑で、お互いを尊重し合う、対等な関係を望んでいる。ロシアのプーチン大統領はジョー・バイデン米大統領にこのことを伝え、2021年6月のジュネーブでの米露首脳会談でバイデン大統領はこの姿勢について確認している」と第1チャンネルの「サンデータイムズ」で発言した。
さらにラブロフ氏は、「苦い経験から学んだことだが、安全保障が日常的に損なわれるような状態に居続けたくない」と述べ、ロシアにも米国と同じように自国の利益があると強調した。
ロシアは2021年末、米国との条約案とNATOとの安全保障に関する合意案を公表した。ロシアア政府はこれらの案の中で、西側諸国に対し、NATOの東方拡大の停止、ウクライナのNATO加盟の阻止、旧ソビエト諸国に軍事基地を設置しないことを法的に保証することを求めている。これらの案では、NATOの兵器をロシアの国境付近に配備しないこと、1997年以降にNATOに加盟した東欧の国々に配備された軍を撤収することを求めている。
関連ニュース
ゾルゲ遺骨、南クリル埋葬計画 「現時点でロシア側から提案は受けていない」=松野官房長官
駐日ロシア大使、北海道議会の指導部と会談、交流の深化について協議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала