消息絶ったF15戦闘機、海で機体の一部発見

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行An F-15 Eagle American fighter. (File)
An F-15 Eagle American fighter. (File) - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2022
石川県にある航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が31日の訓練飛行中に消息を絶ち、周辺の海で機体の一部が見つかった。防衛省は夜を徹して捜索を続けたものの、パイロットは発見されていない。NHKが報じた。
防衛省によると、31日午後5時半ごろ航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が訓練のために基地を離陸したあと、基地から西北西の方面に約5キロ離れた日本海上空でレーダーから機影が消えた。この戦闘機は「飛行教導群」と呼ばれる部隊の2人乗りの機体で、乗っていたのはこの部隊のパイロット2人だという。
Истребитель F-35A - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
米F35戦闘機の墜落事故は操縦ミスか?
航空自衛隊によると、「飛行教導群」は戦闘機部隊を教育する任務に当たるため、精鋭が集められているとのこと。
防衛省や海上保安庁が捜索した結果、消息を絶った周辺の海上で31日夜、この戦闘機の外板や救命装備品のそれぞれ一部が見つかったという。防衛省は戦闘機が海に墜落したとみて海上保安庁とともに夜を徹して捜索を続けたものの、現時点でパイロットは確認されていない。
関連ニュース
沖縄県 500人以上の医療従事者が欠勤 15機関で診療制限も
日本 空自F15戦闘機、レーダーから消える 日本海上で人を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала