テスラが5万台超のEVをリコール 自動運転モードに不具合

テスラ - Sputnik 日本, 1920, 02.02.2022
米国の電気自動車(EV)メーカー、テスラが2016年から2022年の間に生産された5万3822台を自動運転のプログラムの不具合を理由にリコールに踏み切る。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)のプレスリリースによれば、テスラの同プログラムの不具合は進入禁止の道路標識のある場所でかかるべきブレーキに関係している。
テスラがリコールを行うのは2016年から2022年の間に生産のモデルSおよびモデルXのモデルの一部と、2017年から2022年に生産のモデル3 、2020年から2022年に発売のモデルY。
なお、完全自動運転ソフトウェアに搭載されている「ローリングストップ」機能では、必ず一時停止をせよという標識を通過する際、完全に停止せず走行することが可能になってしまう。
テスラの工場 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
テスラ 自社工場の労働力不足をヒューマノイドで解決へ
NHTSAのプレスリリースによると、テスラはローリングストップ機能を無効化するソフトウェアアップデートをリリースする。
関連ニュース
テスラ利益率、ポルシェやフェラーリよりはるかに上
過労? テスラのカリフォルニア工場で従業員が死亡
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала