日本 将棋の藤井聡太竜王が王将奪取 史上最年少で五冠に

© AFP 2022 / Philip Fong藤井聡太竜王(19)
藤井聡太竜王(19) - Sputnik 日本, 1920, 12.02.2022
日本では12日、将棋の藤井聡太竜王(19)が第71期王将戦七番勝負を制し、史上最年少で五冠を達成した。朝日新聞が報じている。
日本将棋連盟によると、王将戦七番勝負の第4局が東京のホテルで11日と12日に行われ、藤井竜王が114手で渡辺明王将を破り、王将を奪取した。
これにより、藤井新王将は、竜王・王位・叡王・王将・棋聖の5タイトルを持ち五冠となった。
これまでの五冠達成の最年少記録(22歳10ヶ月)を保持していた羽生善治九段は、19歳での五冠達成は驚嘆すべきことだと絶賛。今期の王将戦の内容は激しいものだったが「その中でも藤井さんの紙一重の強さが光りました」と語っている。
羽生結弦選手 - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
フィギュア特集
北京五輪フィギュア男子フリー 羽生結弦、転倒も果敢に4回転アクセルに挑戦
敗れた渡辺九段は2000年に15歳でプロ入り。2004年には、20歳で竜王位を奪取。20歳でのタイトル獲得は当時史上3番目の年少記録だった。渡辺九段は竜王と棋王を連続5期防衛したことから永世竜王・永世棋王の資格を保持している。
関連ニュース
日本 新型コロナの水際対策 知見や感染状況を踏まえ緩和を検討へ
数学者、150年前の有名なチェスのクイーンを使った問題を解決
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала