日韓外相会談 「佐渡金山」をめぐり韓国側は抗議 日本は「誠実に議論を行っていく」

日本と韓国 - Sputnik 日本, 1920, 13.02.2022
13日、日本の林芳正外相と韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相は米ハワイで会談を行った。その会談の中で、鄭氏は日本政府が「佐渡島の金山」を世界遺産に登録推薦したことに抗議した。毎日新聞が報じている。
日本の外務省によると、両氏は会談で北朝鮮への対応、旧朝鮮半島出身労働者問題や慰安婦問題、「佐渡島の金山」について議論を行った。
北朝鮮への対応については、両者は日韓、日米韓の協力の重要性を確認した。旧朝鮮半島出身労働者問題や慰安婦問題について林外相は、日本の一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を改めて求めた。
ユネスコ - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
「歴史による戦争」 韓国は佐渡金山の世界遺産登録を阻止することができるのか?
韓国側は「佐渡島の金山」を朝鮮半島出身者の強制労働の場と認識していることから、鄭氏は「佐渡島の金山」の登録推薦に抗議。これに対し林氏は、「韓国側からの独自の主張を受け入れられず、遺憾である」と述べた上で、「佐渡島の金山」の価値が文化遺産として評価されるよう、冷静かつ丁寧な議論を続け、韓国側とも誠実に議論を行っていくとの考えを伝えた。
関連ニュース
再燃する日韓歴史論争、和解の日はくるのか?
佐渡金山、ユネスコ文化遺産に推薦へ 韓国反発の考慮から一転
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала