ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領、露軍の撤退「まだ確認できていない」 米国人への攻撃には報復を示唆

© REUTERS / Tom Brennerバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
米国のジョー・バイデン大統領は、米国はウクライナ国境からのロシア軍の撤退をまだ確認できていないと述べた。また、米国はロシアと直接の対立を求めていないが、ロシアがウクライナにいる米国人を「標的とする」ならば、米国政府は断固として対応すると警告した。
15日、バイデン大統領はホワイトハウスで演説を行い、「ロシア国防省は本日、軍の一部がウクライナ国境付近から撤収したと発表した。事実なら良いのだが、我々はこれをまだ確認していない」と語った。
米国政府によれば、多数のロシア軍が「侵攻可能な態勢にとどまっており」、バイデン大統領は「侵攻の可能性は依然として残されている」と述べた。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
「欧州で戦争は起こるのか?」 プーチン大統領、質問に答える
また、バイデン大統領は「我々はロシアとの直接の対立を求めていない。しかし、ロシアがウクライナにいる米国人を標的にするならば、我々は断固として対応するということを明らかにした」と警告した。
ロシアは西側諸国およびウクライナの主張する「暴力的行為」を再三にわたって否定しており、ロシアは何人に対しても脅迫しておらず、攻撃する意図もなく、この「ロシアの暴力」という表現がより多くのNATOの軍事機器をロシアとの境界線近くに配備する前提として利用されていると指摘してきた。ロシアのラブロフ外相は、ロシアはウクライナをめぐる紛争状況のためにいかなる口実も作っていないと述べた。ラブロフ氏によると、ロシアは、西側によって起こされたウクライナをめぐるヒステリーが、ドンバスに関するミンスク合意をひそかに妨害するというウクライナの路線のカモフラージュを目的としている可能性を排除していない。
ロシアがウクライナでの挑発行為を準備しているとされる声明は、演習後にロシア軍が配備場所に戻ったにもかかわらず、西側から引き続き出されている。14日、プーチン大統領はセルゲイ・ラブロフ外相およびセルゲイ・ショイグ国防相と会談した。ショイグ国防相は、「演習のいくつかは終わりに近づいており、いくつかはまもなく終了する」と報告した。また、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は15日、南部および西部軍管区の部隊が配備地域に戻り始めていると記者団に語った。
関連ニュース
東欧の駐留米軍、ウクライナの紛争には巻き込まれない=米国防総省
ウクライナ大統領、情勢悪化で国外逃亡した官僚らに24時間以内の帰国命令
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала