ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

東部の親露派勢力承認を巡り、ウクライナが国連安保理に仲裁を要請

国連安保理 - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
ウクライナ政府はロシア連邦国家院(連邦議会下院)がウクライナ東部の未承認国家、「ドネツク人民共和国」(DNR)、「ルガンスク人民共和国」(LNR)を承認するようウラジーミル・プーチン大統領に進言した件で、これを阻止するよう国連安全保障理事会に対して正式に要請した。ウクライナ政府のドミトロ・クレバ外相が表明した。
露国家院は15日、未承認国家のDNRとLNRを承認する必要性についてプーチン大統領に進言した。親露派勢力側はこの呼びかけを歓迎している。
プーチン大統領はモスクワでオラフ・ショルツ独首相と会談した際、国家院の要請についてコメントし、ウクライナ東部における問題解決のために必要なことを行う観点から判断するとしたものの、ミンスク合意のポテンシャルは未だ発揮され尽くしていないと表明していた。
Президент России Владимир Путин на пленарном заседании в рамках Восточного экономического форума - Sputnik 日本, 1920, 13.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
西側はウクライナに停戦合意の遵守を要求していない=露大統領
ロシア側の動きを受けてウクライナ政府は、未承認国家をロシア政府が承認することは、ミンスク合意、及び平和な調停を不可能にするとして抗議した。その上で、ミンスク合意の遵守について検討を行うよう国連安保理に要請した。
関連ニュース
米独電話首脳会談開催、ロシア軍の大規模な撤退は確認されず
米国務長官がドイツを訪問、ウクライナ情勢を協議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала