- Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
フィギュア特集

「フィギュアスケートが嫌い!この大会で私の人生は永遠に壊れた!」 トルソワが五輪銀メダル獲得で感情をあらわに

© 写真 : REUTERS, Phil Noble / Sputnik , Alexander Vilf トルソワ選手
トルソワ選手 - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
17日の北京冬季五輪女子フィギュアスケートでは、まるでドラマのような衝撃的な出来事が現実に起きてしまった。ロシアのフィギュアスケート選手、アレクサンドラ・トルソワ(17)は、17日のフリースケーティングで4回転ジャンプを5回決めて1位に立ったが、ショートプログラムとの総合でアンナ・シェルバコワ(17)に破れ、最終順位は2位となった。トルソワは総合順位が発表されると、銀メダルを獲得したことについて感情をあらわにした。神経質なトルソワの様子は、中継で映しだされている。
トルソワは、トゥトベリーゼ一門の技術要素を担当するトレーナー、セルゲイ・ドゥダコフ氏に対して「あなたは分かっているでしょう、この大会で私の人生は永遠に壊れた」と発言。

「すべてが嫌い!大嫌い!もうフィギュアスケートは二度とやりたくない!

このスポーツが本当に嫌い!この競技が大嫌い!このスポーツの全てが嫌い!もう二度と氷の上には立たない!絶対に!

嫌い!こんなことありえない、絶対にだめ!こんなの無理。みんな、みんな金メダルを持ってるのに私にはない!嫌い、嫌い、大嫌い!もう二度と…!」

と強い口調で感情をむき出しにした。
トゥトベリーゼ氏はトルソワを慰めようとしたが、トルソワは「やめて、必要ありません!(トゥトベリーゼ氏がトルソワを抱擁しようとすると)あなたは全部知ってた、全部知ってたんだ!」とひたすら怒鳴った。
ドゥダコフ氏がトルソワに近づこうとしたが、トルソワは断固として突っぱねた。
その様子を、左側にいた日本人選手の坂本花織(21)は黙って見ていた。
© 写真トルソワ選手とトゥトベリーゼ氏
трусова, срыв - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
トルソワ選手とトゥトベリーゼ氏
トルソワは表彰式に泣きながら登場し、金メダルを獲得したシェルバコワに拍手を送ることはなかった。
その後ミックスゾーンに現れたトルソワは、心情を正直に語った。
「私は3年間、主要な大会で優勝したことがない。ジャンプを跳べば勝てると思っていたが、そんなことは起きなかった。」
関連ニュース
WADA ワリエワの五輪出場を認めたCASの決定は、世界アンチ・ドーピング規程を無視したもの
トルソワ、五輪銀メダルには不満 4回転ジャンプ5本達成は「嬉しい」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала