仏大統領選 共和党の党内投票に死者や犬が参加

© REUTERS / Robert Prattaフランス大統領選(2017)
フランス大統領選(2017) - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
仏紙リベラシオンは、調査機関の報告書を引用し、フランスの中道右派「共和党」は大統領選挙の統一候補を選出するための党内投票に、死者や活動家の飼い犬が参加していたと報じた。
仏紙リベラシオンは、調査機関の報告書を引用し、フランスの中道右派「共和党」は大統領選挙の統一候補を選出するための党内投票に、死者や活動家の飼い犬が参加していたと報じた
リベラシオン紙は、投票者のリストを参照し、その名簿にはすでに存在しない人物や死者が含まれていた上、シオティ氏の支持者の一人が飼っているダグラスという名前の犬も投票に参加したと伝えている。さらに、複数の投票者が政治に関心もなく、フランス語を話せない者であることが分かったとも報じている。リベラシオン紙によれば、これは主に個人的またはメッセージアプリ「WeChat」を通じて集められた、イル・ド・フランス地域の中国人コミュニティに属する住民だという。
マクロン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
仏マクロン氏、大統領選立候補を締め切りまで延期 ウクライナ情勢受け=メディア
こうした指摘について、共和党議員らは、違反は「限定的なもの」だとし、一方、ペクレス氏の側近らも、不正の試みなどなかったとしている。ペクレス氏陣営は、フランス通信社に対し、党内投票は、組織の上でも、動員数でも、結束という意味でも模範的なものであったと強調した。
フランスのテレビ局BFMTVは、これを受けて、共和党幹部はリベラシオン紙の記事に対し、訴訟を起こす意向であると伝えている。共和党は、記事で扱われているのは、根拠のない非難を用いて、選出された候補者の合法性を否定しようとする「疑似調査」であると主張している。
大統領選挙に関する世論調査によれば、ペクレス氏はその支持率で2位から4位につけている。仏大統領選挙は、4月10日に第一回投票が実施され、同月24日に上位2人による決選投票が行われる。
関連ニュース
仏大統領候補ペクレス氏、インタビュー中にロシア語で訴え 「ウクライナ侵攻は間違い」
仏大統領選の極右候補者、勝利の暁にはNATO脱退を約束
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала