ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア、ウクライナ両代表団が交渉開始 ベラルーシで

© Sputnik / Александр Кряжев / フォトバンクに移行ロシア、ウクライナ両代表団が交渉開始 ベラルーシで
ロシア、ウクライナ両代表団が交渉開始 ベラルーシで - Sputnik 日本, 1920, 28.02.2022
ロシア、ウクライナの両代表団の交渉が28日、モスクワ時間14時頃(日本時間で同日20時)ベラルーシで開始された。交渉の実施については前日27日に合意が成立していたが、その経緯としては27日、すでにベラルーシ入りしていたロシア代表団が交渉の実施について同日の15時(日本時間で同日21時)までウクライナ側からの回答を待つ姿勢を示し、ウクライナ側は文字通り、その期限が切れる数分前に合意を示した。
ロシア代表団の団長はウラジーミル・メディンスキー露大統領補佐官が務めている。これより前、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の事務所は「交渉の主要問題は即時停戦とウクライナからの軍の撤退」と明らかにしていた。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
ロシア国防省は24日、ロシア軍はウクライナの都市に砲撃や空爆を行っておらず、軍事インフラを精密兵器で攻撃していると発表した。 同省は、「ウクライナ軍の軍事インフラ、防空施設、軍事飛行場、ウクライナ陸軍航空隊が高度な精密兵器で使用不能となっている」と発表。 また同省は、一般市民を全く脅かしていないと断言した。
関連ニュース
ハーグ国際刑事裁判所、ロシアに対するウクライナの訴訟を受理 
EU外相ら、ロシア系銀行のSWIFT排除に同意=ボレルEU上級代表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала