ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国が露国連職員12人を国外追放、露米関係はさらに悪化へ=露外務省

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行ロシア外務省
ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 02.03.2022
米国政府はニューヨークの国連本部で活動するロシアの外交官らが工作活動に関与していたとして、12人の外交官を国外追放処分とした。ロシア側は米国の「卑劣な手法」としてこれに反発し、国連の中心的な役割である国際連携の枠組みを根本から覆す行為として非難している。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が表明した。
先に米国政府は国連本部の外交官ら12名を工作活動に関与していたとして国外追放処分とした。これについてロシア側は露米関係を悪化させる措置として反発している。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 02.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
対露制裁発動した諸外国との民間取引、外貨持ち出しを制限=露大統領
ロシア側によると、国連職員の追放は国連本部の受け入れ国である米国に与えられた義務に違反するものであるほか、国際連携という国連の中心的な役割を破壊するものであるという。外務省の声明には「米国とそのサテライト国が指示するルールに則った世界秩序」を押し付けることが国外追放処分の目的と記されている。
また、これにより米国政府はロシア側の立場を弱体化させ、国連の場で全権を行使する可能性を奪おうとしているとした上で、国連職員の国外追放処分は「卑劣な手法」だと非難した。
関連ニュース
米国の対露制裁で「ノルドストリーム2」の管理会社が債務不履行、全職員を解雇へ
米アップル、ロシアに対する制限を発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала