サウジアラビアとUAEがバイデン大統領との原油価格交渉を拒否=メディア

© AP Photo / JOHN MOOREサウジアラムコ
サウジアラムコ - Sputnik 日本, 1920, 10.03.2022
ロシア産エネルギー資源の輸入禁止後、米国政府は原油価格の高騰に歯止めをかけることに成功していない。海外メディアによれば、主要な原油輸出国であるサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)は、米国のジョー・バイデン大統領と原油採掘量の増加について話し合うことを頑なに拒んでいるという。
テレビチャンネル「Press TV」は、バイデン大統領は、エネルギー資源の価格を市場で安定させるため、原油採掘量の増強についてサウジアラビアとUAEを説得しようとしたが上手くいかなかったと報じている。これら産油国の首脳は、すでに数週間、米国大統領と連絡を取ることを拒んでいる。同テレビ局の報道によれば、この間、米国とこれらの国々の関係はうまくいっておらず、それは、バイデン政権がイエメンでのサウジアラビアの軍事作戦への支援を止め、さらに、「核協定」の復活について合意を図るため、イランとの交渉のテーブルについたためだとされる。
ロシア政府 - Sputnik 日本, 1920, 08.03.2022
ロシア政府 非友好国リストを作成
通信社「スプートニク」は以前、日本はロシアの原油輸入問題で米国と協議を行っているが、政府内には「エネルギー安全保障の観点」から、ロシアのエネルギー資源を早急に放棄することはできないとの見解があると報じている。
関連ニュース
これらの声明は日本に害を及ぼす:露外務省、「わが国固有の領土」に関する日本の声明についてコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала