新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

息子を愛している、ビールが欲しい:麻痺患者、神経インプラントを用いて「話し始める」

© Depositphotos / Agsandrew脳の電気的活動
脳の電気的活動 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ドイツのテュービンゲン大学の研究チームは、神経インプラントを用いて完全に麻痺した筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者がコミュニケーションをとれるようにした。学術雑誌ネイチャー コミュニケーションズにその論文が掲載された。
ALS を患っていた有名な物理学者、スティーヴン・ホーキング博士は、頬の筋肉を使ってボイスシンセサイザーに指令を出し、そのシンセサイザーを用いてコミュニケーションをとっていた。しかし、全ての筋肉が麻痺している場合、このような方法を用いることはできない。
新たな研究に36歳のALS患者の男性が参加した。男性はまだ目を動かすことができた2018年から研究チームと協力している。男性は妻や幼い息子とのコミュニケーションを維持するため、インプラントの入手を望んだ。
研究チームは、脳の電気的活動を測定して明らかにし、それを制御する方法を習得する学習形式ニューロフィードバック技術を試した。男性のケースでは音声信号が使用されたという。
「きみとロボット展」で展示されているソニーの犬型ロボット「Aibo(アイボ)」(東京都江東区、22日) - Sputnik 日本, 1920, 23.03.2022
ロボットのいま・むかし 日本科学未来館で「きみとロボット展」開催
男性は初日、音声信号の高さをコントロールすることができた。そして間もなく、提案された文字の組み合わせや個々の文字に「はい」や「いいえ」と答えることを習得した。
男性は翌年、自分の息子のことを「愛している」やビールが欲しいなど、ボイスシンセサイザーを用いて数十の文章をつくれるようになったという。
関連ニュース
研究者が開発 線虫でガン細胞を発見する方法
シンガポールで検知管の原理に基づいた新型コロナ迅速検査キット開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала