米国 多額の費用が必要なことから新しい巡航ミサイル開発を打ち切り

© Sputnik / The Ministry of Defence of the Russian Federation / フォトバンクに移行ロシアの巡航ミサイル
ロシアの巡航ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
米国は、新しいタイプの巡航ミサイル開発計画を打ち切る予定で、それに代えて、今後、潜水艦に小型核弾頭を搭載した弾道ミサイル配備を推進する。米国防総省の情報筋を引用し日経新聞が報じた。
開発の打ち切りは、費用が高額となることが主な理由とされる。
情報筋によれば、米国は、中国とロシアへの抑止として小型核弾頭を利用する計画だという。
報道によれば、巡航ミサイルの開発計画はトランプ政権時に打ち出されたもので、今回、計画を中止しても両国への抑止力は確保できると判断しており、世界各地で軍縮の機運が後退するのをつなぎ留める狙いがあるとされる。
関連ニュース
ゼレンスキー大統領、露ベルゴロド市の石油基地に対する攻撃命令を認める
ロシアへの配慮から米軍が大陸間弾道ミサイルの発射実験を再延期
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала