ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナでジェノサイドは発生していない=ホワイトハウス

© AP Photo / Carolyn Kasterジェイク・サリバン米大統領補佐官・国家安全保障問題担当
ジェイク・サリバン米大統領補佐官・国家安全保障問題担当 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
米国政府はウクライナで発生している「戦争犯罪」がジェノサイドのレベルに達したとは判断していない。ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が表明した。
サリバン大統領補佐官は、「ウクライナ国民の人的損失がジェノサイドのレベルに達したとは現時点において判断していない」と発言し、分析を継続する姿勢を示した。
先にウォロディミル・ゼレンスキー大統領は首都近郊にあるブーチャ市の事態を「ジェノサイド」と評価したものの、ジョー・バイデン大統領はこれに同意せず、「戦争犯罪」という表現に留まった。
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ危機に関連したフェイクをすべて暴露する=露外相
先に、ウクライナ政府およびメディアは、キエフ郊外のブーチャにおけるロシア軍の犯罪を示す証拠として、道路に遺体が横たわっている写真や動画を公開した。
ロシア国防省は、これらの写真、動画について、煽動の常套手段だとする声明を表した。同省は、ブーチャがロシア軍の管理下にあった間、暴力行為に遭った地元住民は一人もいなかったと主張している。また同省は、ロシア軍の全部隊はトルコで宇露交渉が実施された翌日の3月30日の時点ですでにブーチャから撤退していると指摘した。
さらに、3月31日、ブーチャのアナトリー・フェドルク市長はビデオメッセージで市内にロシア軍がいないことを確認しており、遺体については言及していなかった。このことから、ロシア国防省は、ブーチャでのいわゆる「犯罪を示す証拠」はすべて、ウクライナ保安庁職員やウクライナのテレビ局関係者が市内に到着して4日目に挙げられたと考えて当然だと指摘した。
関連ニュース
ブーチャ虐殺 米国防総省は「独自の確証は無い」
ウクライナ ブーチャでの挑発行為、目的は和平交渉の決裂=ロシア外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала