ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

EUの新たな対露制裁 個人217人と18団体が対象に

© Sputnik / Vladimir Sergeev / フォトバンクに移行制裁
制裁 - Sputnik 日本, 1920, 09.04.2022
欧州連合(EU)は7日、ウクライナ情勢をめぐりロシアに対する第5次制裁パッケージを欧州連合官報に掲載し、制裁措置を発動させた。新たに個人217人と18団体がその対象となった。
EUが発表した第5次制裁パッケージの個人のリストには、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官やウラジーミル・プーチン大統領の2人の娘、マリア・ヴォロンツォワ氏とカテリーナ・ティホノワ氏が対象に含まれている。
ロシアと欧州の旗(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
EU 新たな対露制裁を発動
このほか、ロシア最大手ズベルバンク(ロシア貯蓄銀行)のゲルマン・グレフCEO、アルミニウム製造大手の「ルサール」でオリガルヒ(新興財閥)の一人であるオレグ・デリパスカCEO、パイプライン建設企業などを所有し、同じくオリガルヒ(新興財閥)の一人であるボリス・ローテンベルク氏およびイーゴリ・ローテンベルク氏も制裁の対象となっている。また、複数の主要ロシアメディアのトップも含まれている。
さらに、VTB、ソフコムバンク、ノヴィコムバンク、アトクリチエ銀行の4銀行や軍事企業などを含む18の団体が制裁対象となった。
制裁の対象となった個人および団体は、EU内のすべての資産の凍結が規定される。また、個人はEU国内へ渡航が禁止となる。
関連ニュース
ロシアの銀行に対する米制裁は市民に打撃を与える=ロシア駐米大使
米国の制裁は1年間でロシア経済の過去15年間の成果を消し去る=バイデン氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала